水木 しげる 氏 作品 妖怪道五十三次
MIRACLE BEAUTY 茶碗の中の奇跡の小宇宙


(※写真をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。)
【妖怪道五十三次/木版画】
  【妖怪道五十三次/木版画】  

水木氏直筆による等身大の鬼太郎&目玉おやじも待ってます!
【直筆/等身大サイン画】 【妖怪花あそびシリーズ】 【フィギュア】
【直筆/等身大サイン画】 【妖怪花あそびシリーズ】 【フィギュア】


妖怪道五十三次(木版画)は「日本橋〜戸塚〜平塚〜小田原〜鞠子(まりこ)〜御油(ごゆ)〜庄野〜京都」が描かれています。水木しげる氏の原画をもとに、彫師が山桜の版木に彫り、摺師が越前手漉き和紙に摺るといった工程を経て作られた作品です。この技法は、江戸時代の浮世絵師として有名な広重や北斎などとまったく同じ職人仕事で制作されています。


江戸川アートミュージアムTOPへ戻る